×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トリオフォー/trio4   ■修悦体「お台場頂上決戦」
 
3434
〜イベント名「修悦体・お台場頂上決戦!」 10月21日日曜18時開場〜
「修悦体・お台場頂上決戦!」10月21日日曜18時開場〜(東京カルチャーカルチャー)でのイベント、無事終了致しました。
ご来場頂いた方々、そして佐藤修悦さん、皆様ありがとうございました。

>イベント概要  >ご意見・ご感想はこちらから  >佐藤修悦さんと修悦体を追った映像や写真、記事

●参加型イベントドラゴンボールを探せ&佐藤修悦さんがシェンロンをガムテで描くという、今回のイベントに、
  ドキドキワクワクの生みの親、鳥山明先生からコメントをいただきました。
  お忙しい中、本当にありがとうございます。

  『こんにちはドラゴンボールを描いてた鳥山です。
  正直これがどんなイベントなのか、ちっとも解りませんが、
  佐藤修悦さん作のガムテープ神龍が現れるらしいですね。
  きっと、その素晴らしい仕上がりに、佐藤ファンの皆さんは大満足の事と思います。
  佐藤さん、これからも天下一センスのある駅の警備員として
  ガムテープ片手に世界中を貼りまくっちゃってくださいね。』

 

●フォトギャラリー
修悦体/ガムテープ案内文字 お台場頂上決戦! 修悦体/ガムテープ案内文字 お台場頂上決戦! 修悦体/ガムテープ案内文字 お台場頂上決戦!

 

 

●出演者情報
佐藤修悦 --粘着テープで駅構内でわかりやすい案内文字を作った張本人
(最新情報: 東映映画「まぼろしの邪馬台国」のポスター題字を手掛けられるそうです)

飯田裕之 --龍使いとしてイベントに登場。中央線環七ガード下の仏、など数々の伝説を持つ方

大塚幸代 --佐藤さんとその展覧会「現在地」の記事をデイリーポータルZに書いていただきました。 hibiブログもご覧下さい

トリオフォー --イベントの企画。youtubeの新宿映像で出てきた青年は、司会も勤めたTriofourの山下陽光(ひかる)です。 >トリオフォー日記

●イベントでご紹介した本

book日本語大博物館―悪魔の文字と闘った人々 (文庫)
紀田 順一郎 (著)

出版社: 筑摩書房 (2001/09)
ISBN-10: 4480086617
ISBN-13: 978-4480086617
発売日: 2001/09

アマゾンの紹介ページ>

★イベント「お台場頂上決戦!」概要
ガムテープ案内文字「修悦体」とは一体なんなのか! そして、駅構内をガムテ文字でわかりやすく、かつ美術館化する男の頭の中とは! 佐藤さんの仕事を振り返りつつ、今までの作品を鑑賞+ご本人を招いた実演(予定)を行います。
さらに、佐藤さんも会場のみんなも手に汗に握るドラゴンボール企画を行います。

※イベント当日は、粘着テープなどを取り扱う株式会社スリオンテック様提供の
修悦体オリジナルパッケージ布粘着テープを御来場のお客様にプレゼント!
もちろん展覧会でも好評だった、特製修悦体TシャツやDVDなどグッズも販売します。

 

■佐藤修悦さんのガムテープ案内文字についてはこちらをご覧下さい。

■修悦体目次 >佐藤修悦さんが新宿駅でガムテープ文字を作っていたころの映像やレポート
>最新作色々。日暮里駅で作られている作品と解説映像はこちらから